種類  各部の名称 選び方 MTBコースガイド メンテナンス 工具 用語集 FAQ
 
目次 ブレーキ調整 チェーン調整 パンク修理 タイヤ交換 ブレーキ交換 修理FAQ
自転車の日常メンテナンスで一番大切なブレーキの調整です。

この章で使用する工具
 1)



前ブレーキの調整

では、大切なブレーキの調整のポイントをお話しましょう。

前ブレーキの調整は、まずリム側から左右のブレーキシューを抑えます。そのまま、その上部にある縦溝の入ったワイヤ調整ネジを指で回します。そのワイヤ調整ネジは簡単に回りますので、ハンドルのグリップ近くまで来ていたブレーキレバーを少し遠くなる位置でブレーキが効くように調整します。

ワイヤの調整が終わったら、その下のネジを工具で締めて終わりです。ネジは締めすぎないように注意して下さい。

ワイヤの調整が終わったら、ブレーキシューの調整があります。写真のような専用工具が無い場合、ドライバーで代用します。


自転車が前進する方向にブレーキシューが取り付けてあるステーを曲げ漢字の八になるようにブレーキシューを調整します。

写真の赤い自転車のブレーキを参考にして下さい。漢字の「八」の字のようにする理由は、ブレーキを掛けた時「キー」と鳴くことを防ぐためです。
 2) 後ブレーキの調整

後ブレーキも前ブレーキと同じようにワイヤの調整ネジで調整します。異なるのは後ブレーキは最初から工具を使用して調整することです。ブレーキ調整は必ずワイヤの調整ネジで行います。その先にある、ワイヤを締め付けているネジを緩めてワイヤを引っ張って調整してはいけません。

また、ワイヤの調整が必要になるまでワイヤ調整ネジで調整した場合、自転車販売店にてワイヤの調整を行って下さい。
 3)

モーターサイクルと同様なブレーキレバー

軽快車(ママチャリ)にも写真のようなモーターサイクルと同じ仕組みのブレーキ調整装置が付いているモデルもあります。この場合、指で簡単に前後のブレーキの聞き具合が調整出来るのでとても便利です。このような前ブレーキの調整ネジがレバーについていても、前輪のブレーキには従来と同じ調整ネジがついています。ですから多様する前ブレーキの調整には強い味方です。

この例では、前輪だけですが、マウンテンバイク、モトクロス、トライアル用自転車は後輪も同様のブレーキシステムです。

ブレーキ調整は必ずワイヤの調整ネジで行います。その先にある、ワイヤを締め付けているネジを緩めてワイヤを引っ張って調整してはいけません。

また、ワイヤの調整が必要になるまでワイヤ調整ネジで調整した場合、自転車販売店にてワイヤの調整を行って下さい。