ライトウエイトスポーツ「TD-1001R」に乗る(市販モデル誕生)
1949年から1970年のイタリアを代表するメーカーのひとつにアバルトがあります。1971年にフィアット・グループの一員となり、WRCを圧巻したことは多くの方がご存知と思います。1989年、初代NA型ユーノス・ロードスターが誕生したとき「50−60年代のアバルト」を感じました・・・
ライトウエイトスポーツ「TD-1001R」に乗る(続編)
エアバック、パワーウインドなどベース車両となったロードスター1600Mの安全性と快適性を残しながらの軽量化作業はグラム単位で行われています。形状の見直し・変更、材料を見直、樹脂ネジの採用などさまざまな軽量化をはかっています・・・
ライトウエイトスポーツ「TD-1001R」に乗る 
初代ユーノス・ロードスターの開発プロジェクトリーダーを担当した立花啓毅氏とユーノス・ロードスターを愛する出来利弘氏の二人が作り上げた、TD-1001Rというオープン・ライトウエイトスポーツが登場しました・・・